EAのバックテスト(過去検証)を行う際、長期間のヒストリカルデータが必要になります。

FXDDでは、10年以上のヒストリカルデータ(2005年以降)口座開設なしに取得することができます。

 

この記事ではFXDDのヒストリカルデータをMT4に導入する手順を解説します。

なお、バックテスト専用のMT4を準備する事をお薦めします。(データの混在を避ける為)

 

FXDDのヒストリカルデータをMT4に導入する手順

一通りの流れは以下の通りです。

1. ヒストリカルデータのダウンロード(1分足)

2. サーバ回線を不通状態にする

3. 既存のヒストリカルデータの削除

4. MT4の最大バー数の設定(上限値まで増やす)

5. ヒストリカルデータのインポート

6. 1分足データから、その他の時間足の生成

 

1. ヒストリカルデータのダウンロード(1分足)

目的 : 長期間のヒストリカルデータ(2005年以降)を入手する。

作業手順

 ① 以下のFXDDのリンクにアクセスする。

   https://www.fxddtrading.com/bm/jp/resources/mt4-one-minute-data

 

 ② 必要な通貨ペアをクリックすると、1分足データ(ZIPファイル)がダウンロードされます。

 ③ ZIPファイルを解凍し、HSTファイルを適当な場所に保存する

  (インポート後は削除してよいので、デスクトップに解凍しても構いません)

  例:ダウンロードしたZIPファイルを解凍し、HSTファイルをデスクトップ上の作った『ヒストリカルデータ』フォルダに保存

 

2. サーバ回線を不通にする

目的 : データの混在を防ぐため、新しいデータの取得をストップする。回線状態では、刻々とデータが上書きされていく。

作業手順

 ① MT4を立ち上げる。

 ② ツール - オプション を開く

 ③ サーバー - ☑プロキシサーバを有効にする にチェックを入れる

 ④ サーバー - プロキシ を開く

 ⑤ サーバー に適当な文字列を入力してOK

 ⑥ MT4を再起動し、右下が『回線不通』になっていれば、この設定は完了です。

(参考)実施不要

 ・ 回線状態に戻したい場合、☐プロキシサーバを有効にする のチェックを外せばOKです。

 

3. 既存のヒストリカルデータの削除

目的 : データの混在を防ぐため、既存のヒストリカルデータを削除する。

作業手順

 ① チャートを全て消す。(チャートが表示されている状態では、データを消せないので)

 ② ファイル - フォルダを開く - history - 証券会社名のフォルダ

(下図の証券会社は、本記事の画像用に使っただけであり、推奨の意図はありません)

 ③ フォルダ内のhstファイルを全て削除

以下、データが削除できた事のチェック工程(実施しなくても問題なし)

 ④ ツール - ヒストリーセンター

 ⑤ 通貨ペア、各時間足をダブルクリックし、データがなければOK(デー・ベース;0レコード)

 

4. MT4の最大バー数の設定(上限値まで増やす)

目的 : 長期間のデータを扱えるように、最大バー数を上限値まで増やす。

    (初期はMT4の動作が軽くなるように、バー数の上限が低く設定されている。)

作業手順

 ① ツール - オプション を開く

 ② チャート - ヒストリー内の最大バー数、チャートの最大バー数に『999・・・999』と入力し、OKする。

 

 ③ 再度オプションを開き、上限の『2147483647』になっている事を確認する。

 

5. ヒストリカルデータのインポート

目的 : 工程1. でダウンロードした、ヒストリカルデータをMT4にインポートする。

作業手順

 ① ツール - ヒストリーセンター

 ② インポートしたい通貨ペアの1分足をダブルクリック

 ③ インポートしたい通貨ペアの1分足が選択されている事を確認

 ④ インポートをクリック

 ⑤ 参照 をクリック

 ⑥ 工程1.③で、ヒストリカルファイルを保存したフォルダを選択

 ⑦ Meta Quoutes files(*.hst)又はAll Files(*.*)を選択すると、hstファイルが現れる。

 ⑧ インポートした通貨ペアを開く

 ⑨ インポートするデータが表示されている。OKをクリック

 ⑩ 1分足のデータがインポートされていれば、完了

 ⑪ 全ての欲しい通貨ペアの1分足を同様の手順(①~⑩)でインポートする。

注意:

通貨ペアが多すぎると、データが上限を超えてしまいます。

この後の工程で、1分足から他の時間足を生成するので、さらにデータが増えます。

初めての場合は、まずは1通貨ペアを最後工程まで完了させる事をお薦めします

 

6. 1分足データから、その他の時間足の生成

目的 : 1分足データから他の時間足(5分、15分・・・、月足)を生成する。

     他の時間足生成には、Period_Converter_Allを使用します。

     標準装備されているPeriod Converterの場合、1つずつ時間足を生成する必要がありますが、 

     Period_Converter_Allを使えば、一度に全時間足を生成する事ができます。

作業手順

 ① Period_Converter_All.mq4を以下のリンクから無料でダウンロードする。

   https://www.mql5.com/ru/code/11201

 

② ファイル - データフォルダを開く - MQL4 - Scripts の順に開く

③ ScriptsフォルダにPeriod_Converter_Allを保存する

④ ナビゲータ(☆のアイコンで開く) - スクリプトを右クリック - 更新 する

⑤ Period_Converter_Allが反映される。

⑥ 他の時間足を生成する通貨ペアの1分足のチャートを表示

⑦ Period_Converter_Allをそのチャートにドラッグ&ドロップ

⑧ Period_Converter_Allが稼働し、他の時間足を生成

 (生成中は下図に示す文字が表示される。全ての時間足が生成されるまで、少し時間がかかる)

⑩ チャートを他の時間足に変えてみて、チャートが表示されれば、反映完了。

まとめ

FXDDのヒストリカルデータをMT4に導入する手順を解説しました。

他の証券会社のヒストリカルデータを使用する方法もありますが、まずは簡単なこの方法から始めてみてはいかがでしょうか。

手法にもよると思いますが、それほど大きな差はない印象です。

 

次の記事

 

目次