4. ラリー・ウイリアムズの短期売買法

(1)お勧め度 ★★★★☆

(2)単行本(Amazon)、電子書籍(Kindle)

 

私のメモ書き

当時のメモ書き(当時の私が重要と思った箇所の抜粋/意訳)を掲載します。

本の概要を知っていただく事が目的ですので、メモ書きは10個に絞って掲載しております。

 ” ⇒ ” は、私のコメント/解釈/方針です。私の成長につながった内容を記載しています。

 

メモ書き

①『小さな値幅が続いた後、大きな値幅が続き、また小さな値幅に戻る。
 『目指すべきは、大きな価格変動が起こる前にポジションを建てる事
⇒ 著者の得意とする手法は、ボラティリティブレイクアウトのようです。
  その他、アウトサイド、ブレイクアウトのだましを用いたテクニックも紹介されています。
  また、トレーディングストップ、損切設定のコツ、短期トレーで勝つ方法等も紹介されています。
  手法に関しては、実際に自分で検証してみるのが一番だと思います。
②『1回のビッグトレードで大儲けをしようとしても、息の根を止められるだけ
 『優位な手法を見出し、小さく、長くプレーする事が重要
⇒ 成功するためには、長期運用が必須です。(多くの書籍で共通)
  その為には、優位性のある手法を小さいリスクで運用する事
  その為に、優位性ある手法とリスクを、検証で把握する必要があります。
③『トレーディングには感情がつきもの、自然な感情をうまく対処できる人が成功する。
⇒ トレードは、心理戦です。
  チャートの前で、感情を動かされる裁量トレーダは圧倒的に不利です。
  これが、裁量トレーダよりシステムトレーダを推薦する理由です。
  さらには、手動トレードより自動トレード(EA運用)が優れていると考えます。
 
④『投資家の富は、資金管理によって創造される。正しいマネージメントで管理すれば、巨額の富が得られる。
 『勝っているときはロットを増やし、負けているときはロットを減らす。
 『リスクは、儲けを最大化する事で決めるのではなく、最悪のシナリオが発生したときに耐えられるリスクにする。
 『一貫した資金管理をすることが重要
⇒ 筆者は資金管理を最重要視しています。
  資金管理は、複利運用する事。リスクを小さく、リターンを大きくするには複利運用しかないと思います。
  間違っても、マーチンゲール/ナンピンで運用しないように
  また、最悪のシナリオを想定したリスクに耐えるように、資金管理すべきです。
  そして、運用中に動揺しない自己管理も必要となります。 
  多くのスーパートレーダで共通している考え方です。
⑤『直近トレードの結果を気にしすぎる必要はない。重要なのは、全体的にどう戦うかという戦術的思考をもつ
 ⇒ トレードは確率のゲームです。
   直近の数回のトレーでは何も判断できません。
   長期運用する際に、どう戦略を組むかが重要になります。
⑥『無数のインジケータを使うのをやめ、5台のモニタ見るのをやめ、多くの銘柄の監視に追われるのを辞めてから成功する。
 『トレードシステムを完璧にしようとしても、パフォーマンスは上がらない。シンプルな手法が一番パフォーマンスがいい
 ⇒『シンプルな手法』はスーパートレーダの共通の考え方です。
   
⑦『「恐れ」「強欲」がトレードを最悪の結果に導く。
 『損切を置くことで「恐れ」を、利確位置を決めておくことで「強欲」をコントロールする。
 『感情に支配されることなくトレードができる。
 ⇒ ③と同様に、いかに感情をコントロールするかが重要です。
   メンタルを鍛えるのではなく、感情を揺さぶられない環境を作るのがよいと思います。
  
⑧『「優れたシステム」と「忍耐力」の両方が必要。
 『優れたシステムでも毎週勝つことはできない。お金を稼ぐには時間がかかる。つまり、忍耐力が必要
⇒ 優れたシステムを使い続けることが重要です。
  忍耐力を鍛えるのではなく、長期のドローダウンが生じても撤退しないようにリスクを小さくする等、工夫が必要と思います。
  また、予め検証で、長期のドローダウンの発生確率を把握していれば、耐えられると思います。
  長期運用する為には、事前の対応が重要だと考えています。 
⑨『儲けたければ、何があっても途中でゲームを下りない
⇒ これは、悪いシステムでも使い続けるという意味ではありません。
  失敗しても、その失敗の原因を研究し、再度トレードに向かう事が重要と言う事と思います。
  致命傷を食らわなければ、何度でも勝負する事はできます。
  そして、最終的に勝てばいいのです。 
 
⑩『投機は思考を必要とするビジネス。考えるのが不得意な人、正しい答えを求めない人は、このビジネスに向いていない
 『トレーディングを上手くするには、学習・研究をしなくてはならない。成功は絶えず学習を実行することにより成し得るもの
⇒ 今は、多くの成功トレーダの本を読む事ができます。
  本から、知識を吸収し、自分で検証して、最終的に自分が納得する方法で運用すべきと考えています。