この記事では、『最大ドローダウンの許容値の考え方と対策』について紹介します。

ドローダウン許容値

許容値の説明の前に、簡単にドローダウンについて解説します。

 

下図の ”(A-B)÷A” がドローダウン率です。

下図の ” C ”     がドローダウン期間になります。

過去最大のドローダウン率を最大ドローダウン、

過去最長のドローダウン期間を最長ドローダウンと呼ぶことにします。

ドローダウンの許容値

ドローダウンの許容値とは、そのドローダウンを経験すると撤退するラインの事です。

それぞれの資金状況やメンタルにより異なり、個人差があります。

 

書籍によると、一般的な個人投資家のドローダウン許容値は、以下の通りです

 ・最大ドローダウンは30~40%

  ・最長ドローダウンは約18カ月

(詳しくは、資金管理の考え方に記載しています)

 

個人の許容値

大切な事は、自分の許容値を知る事です。

 

目安としては、そのドローダウン状況下でも、ぐっすり眠れることです。

眠れないようであれば、自分の決めた運用ルールを守れなくなります。

一般的には、自分が想像しているより、許容値は低い傾向にあるようです。

(思っていたより、ドローダウンに耐えられない)

 

運用方法(ドローダウン対策の準備)

ドローダウン期間/ドローダウン率は、運用方法に大きく関わっています。

その為、ドローダウン対策の説明の前に、運用方法について簡単に解説します。

 

運用方法は、大きく3種類に分類できます。

 ① 一定金額

 ② マーチンゲール法

 ③ 逆マーチンゲール法

 

一定金額

『一定金額』は、口座残高の増減に関わらず、リスク(ロットの計算方法)を変えない運用方法です。

口座残高が増えようと、減ろうと、ロットの計算方法を変えない運用です。

 

マーチンゲール法

前のトレードが負けたら、次のトレードはロットを増やし、短期間で資金を取り戻そうとする手法です。

ナンピンもマーチンゲール法に含まれます。

 

逆マーチンゲール法

資金が増えれば、その分だけロットを大きくし、資金が減ればその分だけロットを小さくする手法です。

いわゆる、『複利運用』です。

 

ドローダウンの対策(運用方法)

『ドローダウン期間を短くする方法』と『ドローダウン率を浅くする方法』について紹介します。

 

ドロータウン期間を短くする方法

ドローダウン期間は、運用方法で短くすることが出来ます。

 

運用方法によるドローダウン期間の順は、以下の通り

 マーチンゲール法 < 一定金額 < 逆マーチンゲール法

負ければ、ロットを増やす『マーチンゲール法』が最も早くドローダウンから回復します。

 

ドロータウン率

ドローダウン率は、運用方法で浅くする事ができます。

 

運用方法によるドローダウン率の順は、以下の通り

 逆マーチンゲール法 < 一定金額 < マーチンゲール法

負ければ、ロットを減らす『逆マーチンゲール法』が最もドローダウン率が浅い状態から回復します。

 

ドローダウン期間とドローダウン率のどちらを優先すべきか?

では、ドローダウン期間、ドローダウン率のどちらの方を優先すべきでしょうか?

 

良いとこ取りのシステムはありません。

逆マーチンゲールとマーチンゲールを混ぜても、結果的に、ドローダウン期間、ドローダウン率に跳ね返ってきます。

最終的には、ドローダウン期間を重視するのか、ドローダウン率を重視するのか、個人の判断になります。

 

ドローダウン期間は、メンタルに影響します。

1日でもドローダウンから抜け出したいのが人の心理です。

ドローダウン期間が許されない人は、マーチンゲル法を選択する事になります。

少しでも早くドローダウンから抜け出したい場合、マーチンゲールの比率が大きくなります。

ドローダウン期間と引き換えに、その分だけドローダウンは大きくなります。

最悪の場合は、損失で資金がパンクする事になります。

 

ドローダウン率は、メンタルと資金力に影響します。

ドローダウンが大きいと、『メンタル的に耐えられず撤退するリスク』と『資金不足で撤退する撤退するリスク』があります。

資金が大きく減少すると、投資活動自体から撤退してしまう人が多いと言われています。

資金さえあれば、時間を掛ければ乗り越える事も可能です。

どのシステムでもドローダウンはあるので、そのドローダウンを小さくする事で、途中退場せずに長期間の運用が可能になります。

但し、ドローダウン率と引き換えに、ドローダウン期間が長くなります。

 

私は、長期間の運用を目指しており、ドローダウン率を重視しています

その為、プロの投資家たちは、逆マーチンゲール(いわゆる複利運用)を採用しています。

短期間で勝ち逃げを狙う人は、マーチンゲール法が適しています。

しかし、一発退場の可能性もあるので気を付けて下さい。

 

ドローダウンの対策(その他)

運用方法以外のドローダウン対策について、紹介します。

 

相関係数の低い組み合わせで、ポートフォリオを組むと、ドローダウンを小さくする事ができます

相関係数は、トレードの近さに依存します。

エントリポイントや決済が似ている手法の相関係数は大きくなり、全く異なるトレード手法の場合は、相関係数が小さくなります。

異なるトレードを組み合わせると、ドローダウンを小さくする事ができます。

 

最適なポートフォリオ

ポートフォリオに最適な組み合わせの例を紹介します。

(1)手法

  複数の手法を組み合わせる事で、ドローダウンを小さくする事が可能です。

  問題は、優位性のある手法が、ほとんどない事です。

  一つでも見つける事は大変です。

  優位性がないシステムをポートフォリオに加えると逆効果になるので、

  異なるシステムでポートフォリオを組む事はお勧めしません。

 

(2)通貨ペア

  同じ手法でも、通貨ペアが異なれば、エントリポイントや決済が異なります。

  私の経験では、通貨ペアによる相関係数はほぼゼロです。

  ポートフォリオを組むのに最適です。

 

(3)時間軸

  同じ手法でも、時間軸が異なれば、エントリポイントや決済が異なります。

  複数時間軸も、ポートフォリオに適しています。

 

ドローダウンの見積もり方

ドローダウンの見積もり方について紹介します。

 

裁量トレーダ

裁量トレーダの方は、まず、手法をシステム化するようにして下さい。

裁量トレードとは、主観で行うトレードです。

主観が入る以上、数学的には何も証明できません。

一度、システム化し、後で紹介する方法でドローダウンを把握し、リスクを把握してから、裁量トレードに戻しましょう。

機械的なルールでも、儲かる手法という事が分かれば、自信を持ったトレードができるはずです。

 

システムトレーダ

トレード手法がシステム化されているので、検証にてドローダウンを確かめることが出来ます。

チャート画面から、一つ一つドレードして確かめてもいいですが、10年分行うので数カ月要します。

是非、EA(自動売買ソフト)化して下さい。

数分で10年分の検証が可能になります。

 

システムトレーダ(EA運用)

バックテストで、ドローダウンを検証しましょう

 

注意すべき点は、カーブフィットです。

カーブフィットとは、過去のチャートにパラメータ等を最適化する事です。

カーブフィットの問題は、ドローダウンを甘く評価してしまう事です。

最適化したパラメータは、過去のチャートにフィットさせただけです。

少しチャートが崩れると、成績が急に悪くなります。

 

カーブフィットを取り除く評価方法

カーブフィットを取り除く方法は、いくつかあります。

(1)最悪のパラメータで評価

  最高のパラメータで評価する事が、カーブフィットです。

  カーブフィットを除去する最も良い方法は、逆に最悪のパラメータで評価する事です。

  少し厳しすぎる評価になる可能性はあります。

 

(3)ウォークフォワードテスト

  例えば、以下のような方法です。

  20年間分を評価する場合、最初の4年のデータの最適パラメータを求め、そのパラメータで5年目を評価する。

  次に2~5年目のデータの最適パラメータを求め、6年目を評価する。

  これを繰り返して、20年分を評価する方法です。

  最適化する期間を短くするほど、カーブフィットを除去する事ができます。

 

(2)異なる通貨ペアで評価

  市販のEAを評価する場合は、パラメータ調整できない場合があります。

  その場合は、パラメータ側ではなく、チャート側を変えるしかありません。

  単一の通貨ペアにカーブフィットさせたシステムは、異なる通貨ペアで評価する事で実力が分かります。

  たまに、『特定の通貨ペアだけ機能するシステム』がありますが、ほとんどは怪しいです。

  カーブフィットしていないシステムは、どの通貨ペアでも機能します。

  異なる通貨ペアで評価して結果が悪かった場合、それを受け入れかどうか、あなた次第です。

  できるだけ、多くの通貨ぺで評価する事で、実力が見えてくると思います。

 

まとめ

最大ドローダウンの許容値の考え方と対策について紹介しました。

 

ちなみに、私が開発したEAは、

最悪のパラメータでリスク評価(ドローダウン評価)を行っており、それでも利益が出る事を確認しています

参考にしてみて下さい。