今回は、『はらみ足(アウトサイド)のトレード検証結果について紹介します。

 

はらみ足(インサイド)とは

はらみ足(インサイド)は、プラスアクションの一つで、ブレイク方向にトレンドが継続すると言われています。

 

はらみ足(インサイド) : 過去のロウソク足の高値/安値が、それ以降のロウソク足の高値/安値を覆っている状態のことを指します。

包み足(アウトサイド)は、『ブレイク方向にトレンドが継続する』と言われています。

この説は正しいのか、検証して確かめてみましょう

 

ルールは、以下の通りとします。

・エントリ : インサイドのブレイク方向にエントリ

・決済   : ランダム時間決済(最初は固定で5本経過後に決済)

   ランダム時間決済は、エントリーの優位性を測る決済方法として、しばしば用いられます。

   エントリに優位性がある場合、決済をランダムにしても利益が出るはずという理屈です。

 

検証

はらみ足(インサイド)をブレイク方向にトレードした場合の優位性について、以下検証します。

 

検証内容

検証内容は、以下の通りです。

 ・計算方法 : 全ティック

 ・通貨ペア : 5通貨ペア(USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD)

 ・時間軸  : 5分足、15分足、1時間足

 ・検証期間 : 16年間(2005~2020年) 

 ・スプレッド : 0.1pips(優位性の判断為、最小スプレッドで評価する)

 

検証結果

検証結果(プロフィットファクター)を以下に示します。

 

✔ インサイドをブレイクする方向に、優位性がある可能性がある。

✔ インサイドするロウソク足が多いほど、優位性が高くなる。また、スプレッドを考慮しても、優位性が維持される。

追加検証

インサイドについて、『トレンド方向にブレイクした場合、トレンドが継続する事を示唆する』と説明しているトレーダもいます。

インサイドとトレンド方向を組み合わせてトレードする事により、優位性は向上するのでしょうか?

先ほどの検証に、『トレンド方向にブレイクした場合』を追加して、検証を行います。

 

検証結果

検証結果(プロフィットファクター)を以下に示します。

 

✔ トレンド方向にブレイクした場合に限定する事で、優位性は少し高くなる傾向。

✔ 決済本数が増える(5本⇒10本)と、やや優位性が低下する。

 

まとめ

はらみ足(インサイド)のトレード手法について検証しました。

 

検証結果は、以下の通りです。

 ✔ インサイドをブレイクする方向に、優位性がある可能性がある。

 ✔ インサイドするロウソク足が多いほど、優位性が高くなる。また、スプレッドを考慮しても、優位性が維持される。

 ✔ トレンド方向にブレイクした場合に限定する事で、優位性は少し高くなる傾向。

 

簡易的な検証ですが、インサイドのブレイクには優位性がありそうです。

適当な決済手法と組み合わせる事で、実践に使える手法になる可能性があると思います。

 

この記事が、今後のトレードの参考になれば幸いです。

トレード手法の検証は、以下にまとめています。