EA運用の仕方ついて、私の考え方をご紹介します。

EA開発者の視点ですので、参考になると思います。

 

EA運用の考え方

EAの基本的な運用の考え方は、

期待値の高いトレードを長期間/数多くこなす事で利益を積み上げる』ことです。

(参考:トレーディングシステム入門 : 仕掛ける前が勝負の分かれ

 

長期間運用の場合

運用期間が長い ⇒ トレード回数が多い ⇒ 運の要素が減り、EAの実力が発揮される

                    ⇒ リスクを抑えて、破産の確率が減る

つまり、長期間運用できれば、EAの実力に近い結果になりやすくなります。

 

------優秀なEAは、有利なサイコロ--------------

数回、サイコロを振って結論を出す場合は、ギャンブル性が高くなりますが、

サイコロを振る回数を増やすと、そのサイコロが持つ性能に近い結果になります。

---------------------------------------------------

短期間運用の場合

運用期間が短い ⇒ トレード回数が少ない ⇒ 運の要素が大きい

                     ⇒ リスクを上げ、大儲け or 破産

せっかく優秀なEAを選定できたとしても、一か八かのギャンブルになってしまいます。

 

『一度投資で大きなダメージを受けると、再度投資に挑戦しようという意欲がそがれ、投資から身を引いてしまう。』

 

長期運用のポイント

長期運用のポイントは、3つです。

 ① EAを信じる。

 ② EAのリスクを把握する。

 ③ 自分のリスク許容度を把握する。

 

EAを信じる

EAを信じる為には、

EAを信じられるだけの根拠が必要だと思います。

 

この根拠として、『バックテスト』があります。

ただ、『バックテストは、カーブフィットされている可能性があり』、そのままでは信じる為の根拠にはなりません。

つまり、バックテストを信じるには、『カーブフィットを除去したという根拠』が必要だと考えています。

カーブフィットの除去の仕方については、別の記事(カーブフィット対策)に記載していますので、参考にしてみて下さい。

 

また、この根拠として『フォワードテスト』もありますが、期間が短い場合は、偶然の域を脱していない可能性があります。

 

EAのリスクを把握する

EAを長期運用する上での最重要事項は、『破産(撤退)させない事です。

 

それぞれのEAには、長期運用するための適切なリスクが異なります。

仮に、優秀なEAを運用しても、取るべきリスクを間違えると、途中で破産(撤退)してしまいます。

つまり、個々のEAのリスクを把握する事が、長期運用するための条件になります。

 

ちなみに、バックテスト結果に示されているリスク(ドローダウン等)は、カーブフィットの可能性があり信用できません。

EAのリスクを正確に把握する為に、いくつか厳しい評価方法が提案されています

詳しくは、別の記事(リスク評価)に記載しています。

 

自分のリスク許容度を把握する

自分のリスク許容度(どれだけリスクに耐えられるか)を把握する事も重要です。

 

『破産リスクを避ける事は、リスク管理する上で最重要事項。逆に破産せずに生き残れば、成功する。破産とは、口座資金の金額を失く事ではなく、その人のリスク許容度で変わる。』(参考:システムトレード基本と原則

『自分に見合ったリスク許容度を決め、それを順守すべきである。』(参考:トレーダーの精神分析

 

人は自分のリスク許容度を甘く見積もる傾向にあると聞きます。

多くの機関投資家は、ドローダウンが30~35%を超えたあたり、ドローダウンからの回復期間が18カ月を超えると許容できなくなる

<参考:トレーディングシステム入門 : 仕掛ける前が勝負の分かれ目

20%のドローダウンに耐えられるトレーダはほとんどいない。

<参考:トレードシステムの法則 : 検証での喜びが実際の運用で悲劇にならないための方法

 

意外と人は、リスクに耐えられないと思いませんか?

リスクを大きく設定できるのは個人投資家の強みですが、本当にそのリスクに耐えられるか今一度考えては如何でしょうか。

リスク許容度は、『リスク(ドローダウン)が生じても、気にせず熟睡できるかどうか』を目安にすれば良いと思います。

 

リスクを小さくすると、狙える利益も小さくなります。

しかし、あまり強欲になる事も失敗事例として良く挙げられています。

古いデータですが、参考までに

+-----------------------------------------------------------------------------+

 TOP20のCTA(商品投資顧問業者)の成績 2005年~2010年
 ・年次平均リターン 27.98%
 ・最大ドローダウン 24.46%
 ・勝ち月の比率   65.8%
 ・最良の12カ月  125.3%
 ・最悪の12カ月  -15.14%
 ・20社中17社は、5年間で1年間利益を出さない年があった。

<参考:トレードシステムの法則 : 検証での喜びが実際の運用で悲劇にならないための方法

+-----------------------------------------------------------------------------+

 

まとめ

EAの運用の仕方について、

長期運用が大切で、3つのポイントを解説しました。

 ① EAを信じる。 ⇒ 根拠が必要(カーブフィット対策

 ② EAのリスクを把握する。 ⇒ 厳しいリスク評価で把握する(リスク評価

 ③ 自分のリスク許容度を把握する。 ⇒ リスクが生じても熟睡できる程度

 

カーブフィット対策を知りたい方

 

リスク評価(カーブフィットを除去したリスク評価)を知りたい方

 

長期運用でリスクを抑えて、利益を大きくする方法