7か月(2020/6/23~2021/2/1Lightシリーズ(自作EA)を運用しました。

その運用結果を踏まえ、EAの改善点を検討しました。

この記事では、改善品のパフォーマンスについて紹介します。

2021/3/1 修正

 内容 :Light-βを5通貨ペアから4通貨ペアに見直した。

 理由 :GBPJPYはボラティリティ/スプレッドが低く、時間足の短いLight-βには適さない為(詳細は、Light-δに記載予定)

 

改善に至る流れ

 (1)運用結果 運用状況(2020/6/23~2021/2/1)

 (2)分析   運用結果の分析(バックテストとリアルトレード乖離の原因分析)

 (3)EAの改善 EAの改善(半年の運用結果を踏まえて)

 (4)EAの改善品のパフォーマンス : 本記事にて紹介する

 

EA改善品の内容

7か月の運用結果をもとに調査した結果、現行品で問題ない事が確認されました。

しかし、いくつかの改善可能な点がみつかったので、EAを改良する事としました。

 

改善点は、以下の通り

日本時間の早朝(スプレッド拡大時間)直後に、決済されないように修正する

日本時間の早朝(閑散時間)のエントリを避ける

 

日本時間の早朝の決済回避

日本時間の早朝の決済回避の理由と改善結果について、紹介します。

 

早朝の決済回避の理由

日本時間の早朝は、スプレッドが拡大します。

本EAは、スプレッド拡大時には決済しないシステムを導入しており、スプレッドが縮小して、設定した許容スプレッドで決済されます。

少しでも、有利なスプレッドで決済されるためには、日本時間の早朝の決済を避ける方が望ましいと考えます。

 

また、日本時間の早朝は、市場参加者が少ない閑散時間であり、一般的にスリッページも大きくなります

スリッページは、有利にも不利にも働きますが、不安定要素は少ない方が望ましいです。

 

以上より、日本時間の早朝の決済を避ける方針としました。

 

早朝の決済回避の結果確認(バックテスト)

各EAの改善後の決済時間の分布を確認します。

 

日本時間の早朝の決済が概ね回避されています。(Light-α、Light-β)

(変則時間(クリスマス休暇)等の影響で、回避できな場合があります)

 注)FXDDサーバ時間(冬:GMO+2、夏:GMO+3)

   日本時間(GMO+9)に換算すると0時(冬:7時、夏:6時)

偏った日本時間の早朝の決済が解消されました。(Light-γ)

 Light-γは、スイングトレードであり、スプレッドの影響は受けにくいので、偏りを解消する事に留めました。

 

Light-α

Light-β

Light-γ

(参考)<(現行品)Light-γ

 

日本時間の早朝のエントリ回避

日本時間の早朝のエントリ回避の理由と改善結果について、紹介します。

 

早朝のエントリ回避の理由

改善理由は、決済回避の理由と概ね同じです。

 

日本時間の早朝は、スプレッドとスリッページが拡大します。

少しでも、有利なスプレッドでエントリする為に、日本時間の早朝のエントリを避ける方が望ましいと考えます。

また、日本時間の早朝は、市場参加者が少ない閑散時間であり、一般的にスリッページも大きくなります

スリッページは、有利にも不利にも働きますが、不安定要素は少ない方が望ましいです。

 

以下は補足理由ですが、

日本時間の早朝のエントリは、利益を出しにくい傾向にある事が確認されました。

閑散時間はテクニカルが機能しにくく、スプレッド拡大により、チャートの信頼性が落ちる事が理由の可能性があります。

 

以上より、日本時間の早朝のエントリを避ける方針としました。

 

早朝のエントリ回避の結果確認(バックテスト)

各EAの改善後の決済時間の分布を16年間のバックテストにて確認します。

 

日本時間の早朝(6~7時周辺)のエントリが回避されています

(変則時間(クリスマス休暇)等の影響で、回避できな場合があります)

 注)FXDDサーバ時間(冬:GMO+2、夏:GMO+3)

   日本時間(GMO+9)に換算すると0時(冬:7時、夏:6時)

 

Light-α

Light-β

Light-γ

 

その他の改善点(Light-γ)

今回の改善に合わせて、Light-γの分散パラメータ数を半減(8⇒4)しました。

 

Light-γの分散パラメータを半減させた理由

Lightシリーズでは、パラメータを分散させる事で、リスク/リターンの比率を高めています。

分散数を増やすほど、この比率は改善します。

一方、分散数を増やしすぎると、トレード可能な最小金額が上昇します。

また、分散させるパラメータは、相関が小さいほど効果があります。

相関が大きいパラメータを組み合わせても、リスク/リターンの比率は改善せず、トレード可能な最小金額でのリスクが上昇します。

通常、リスクを大きくとって、大きなリターンを狙う場合は、トレード金額(ロット)を大きくしますが、

Light-γはスイングトレードであり、最小限のトレード金額(ロット)でも、比較的大きなリスクを取る必要があります。

その為、今回のアップデートに合わせて、最小限の分散数に減らし、トレード可能な最小金額でのリスクを低減させる変更を加えました。

 

 

改善後のパフォーマンスの確認

本改善後のパフォーマンスについて、確認します。

 

評価内容は、以下の通り

(1)各通貨ペアのプロフィットファクター

(2)5通貨ペア運用した場合のパフォーマンス

  ① 通算(16年間)のパフォーマンス

  ② 月間パフォーマンス

  ③ 年間パフォーマンス

(3)ポートフォリオ効果

  ① 通貨ペアの相関

  ② システムの相関

  ③ ポートフォリオ後のパフォーマンス

 

各通貨ペアのプロフィットファクター

対策後のパフォーマンスについて、バックテストにて評価します。

 

条件検証

 期間    : 2005年1月~2021年2月(16年間)

 通貨ペア  : 5通貨ペア(USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD)

         Light-βのみ4通貨ペア(USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD)

 スプレッド : 通常のスプレッド + α(余裕)の値で評価しています。(詳細は、GogoJungleのスプレッド比較

   

 運用資金 : 10,000ドル(100万円)

 運用   : 単利 <損切:100ドル(1万円)>

 

各通貨ペアのプロフィットファクター

各通貨ペアのプロフィットファクターをバックテストにて確認しました。

参考として、通常時のスプレッドの結果も合わせて表記します。

 

・通貨ペアの全体でプラスの期待値がある事を確認した。

平均的に、プロフィットファクターが 約1.2以上ある事を確認した

 

:通常時のスプレッド(参考)

:バックテストのスプレッド

Light-α        (平均値 :1.35、:1.29)

バックテスト: バックテスト(Light-α 3.00)

 

Light-β        (平均値 :1.25、:1.19)

バックテスト:バックテスト(Light-β 2.00)

※ Light-βは、GBPJPYは採用しない

 

Light-γ        (平均値 :1.37、:1.34)

バックテスト:バックテスト(Light-γ 2.00)

 

 

5通貨ペア運用した場合のパフォーマンス

Lightシリーズは、5通貨ペアでポートフォリオを組んで運用する事を推奨しています。

5通貨ペアで運用した場合のバックテスト結果を紹介します。

 

①通算(16年間)のパフォーマンス

バックテストを行った結果を、Quant Analyzer4で分析した結果を示します。

 

Light-α

Light-β

5通貨ペア

4通貨ペア(USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD)

 

Light-γ

 

上記の結果をもとに、新旧バージョンを比較した表を以下に示します。

利益は、運用リスク(損切額や複利%)次第で大きく変化します。

ここで注目すべきポイントは、リターンとリスクの比率です。

リターンとリスクの比率を表す代表的な指標は、以下の2つになります。

 ① リカバリーファクター = 純益 ÷ 最大ドローダウン

 ② ゲインペインレシオ = 平均年間純益 ÷ 平均年間最大ドローダウン

<詳細記事 : ポートフォリオの組み方と評価方法(複数通貨ペアの合成)

 

Light-α

 ・リカバリーファクター、ゲインペインレシオともに、改善しています。

 ・プロフィットファクターも改善しています。

Light-β

 ・リカバリーファクター、ゲインペインレシオともに、改善しています。 

 ・利益を維持したまま、最大ドローダウンを小さくできています。

 ・プロフィットファクターも改善しています。

Light-γ

 ・ゲインペインレシオが、改善しています。

 ・リカバリーファクターは、トレード数に影響を受けるファクターです。

  トレード数を半減させて、リカバリーファクターが微減は優秀。

  Light-α、βよりも、値が低いのは、トレード数が少ない為。 

 ・利益を維持したまま、最大ドローダウンを小さくできています。

 ・プロフィットファクターも改善しています。

 

<参考> ヒストリカルデータが異なる場合

 本EAは、僅かなチャートの違いが結果に影響する事が分かっている。

(参照:運用結果の分析(バックテストとリアルトレード乖離の原因分析)

 ヒストリカルデータが異なるFXDD(2005年~2020年)とGMOクリック証券(2007年~2020年)のデータで比較評価した。

 ・ヒストリカルデータが異なっても、長期運用した場合の結果は近くなることを確認した

②月間のパフォーマンス

バックテストを行った結果を、Quant Analyzer4で分析した月間パフォーマンスの結果を示します。

 

ここで、知っていただきたい事は、月間ベースでは結構な確率で負けている事です。

ある一部を抜き出せば、連勝している年もありますが、連敗もあります。

フォワードテストの結果で一喜一憂せず、長期的なスタンスでいる事が重要と考えます。

 

Light-α

Light-β

Light-γ

 

 

③年間のパフォーマンス

バックテストを行った結果を、Quant Analyzer4で分析した年間パフォーマンスの結果を示します。

 

年間ベースであれば、負ける可能性が低くなります。

2020年も、バックテストでは、利益が出ていました。

2021年は、まだ1カ月のデータです。

 

Light-α

Light-β

Light-g

 

ポートフォリオ効果

Lightシリーズは、5通貨ペアでポートフォリオを組んで運用する事を推奨しています。

さらに、Lightシリーズ(α、β、γ)でポートフォリオを組むと、さらにパフォーマンスが良くなるように設計しています。

 

ポートフォリオを組むときのポイントは、それぞれの相関係数が低い事です。

相関係数は -1.0 ~ 1.0 の間の数字で、強弱を測る指数で、目安は以下の通りです。

<詳細記事 : ポートフォリオの組み方と評価方法(複数通貨ペアの合成)

 

①通貨ペアの相関

バックテストを行った結果を、Quant Analyzer4で分析した相関係数の結果を示します。

 

通貨ペアの相関は、-0.2~0.2の範囲であり、ほとんど相関なしです。

通貨ペアでポートフォリオを組むことは、効果的だと言えます。

 

Light-α

Light-β

Light-g

 

②システムの相関

バックテストを行った結果を、Quant Analyzer4で分析した相関係数の結果を示します。

 

Light_αとLight_βは、弱い相関(0.2~0.4)がありますが、

Light_αとLight_γ、Light_βとLight_γは、ほとんど相関なし(-0.2~0.2)です。

Lightシリーズでポートフォリオを組む事で、パフォーマンスが改善されます。

 

③ポートフォリオ後のパフォーマンス

バックテストを行った結果を、Quant Analyzer4で分析した結果を表にまとめました。

 

EAを組み合わせる事により、リカバリーファクター、ゲインペインレシオが改善する事が確認できます。

つまり、リスクを小さく、大きなリターンを狙う事ができるようになります。

 

<FXDD>

<GMO>

 

仮に3つ(Light-α、β、γ)でポートフォリオを組んでも、月間ベースでは結構負けます。

 

ビジュアルでイメージしやすいように、損益曲線を示します。

・単一通貨より、複数通貨、単品EAより複数EAの方が、資産曲線が滑らかになる事が分かります。

 

Light-α

Light-β

Light-γ

Light-α、β、γ

 

まとめ

改善後のパフォーマンスをバックテストにて確認しました。

改善によりパフォーマンスが、現行品バージョンと比較して向上していることを確認しました

 本改善では、不利なスプレッド、スリッページを回避しており、その効果をバックテストで確認する事はできません。

 長期運用で、今回の改善の効果が蓄積されると考えています。

 

改善後のEAについて、

  デモ口座でEAのアップデート内容に問題ない事を確認していますが、

  念のために、リアルトレードでも問題ない事を確認しています。

 

以上