7か月(2020/6/23~2021/2/1Lightシリーズ(自作EA)を運用しました。

その運用結果を踏まえ、EAの改善を行いました。

この記事では、改善品のリスクについて評価します。

今回、よりリスクを厳しく評価できるように、リスク評価方法もアップデートしました

 

2021/3/1 修正

 内容 :Light-βを5通貨ペアから4通貨ペア(GBPJPY削除)に修正した

 理由 :GBPJPYはボラティリティ/スプレッドが低く、時間足の短いLight-βには適さない為(詳細は、Light-δに記載予定)

 リスク評価の方針 :

   リスク評価では、Light-βを5通貨ペアのまま評価する。

   Light-βのGBPJPYを削除する事は、カーブフィット(悪い成績の物をフィルタ)と同じ事になりかねない。

   厳しく評価すべく、安全側に5通貨ペアのまま評価する。

 

改善に至る流れ

 (1)運用結果 運用状況(2020/6/23~2021/2/1)

 (2)分析   運用結果の分析(バックテストとリアルトレード乖離の原因分析)

 (3)EAの改善 EAの改善(半年の運用結果を踏まえて)

 (4)EAの改善品のパフォーマンス :EA改良後のパフォーマンス(バックテスト)

 (5)リアルトレードによる確認  EA改善後のリアルトレード

 (6)EAの改善品のリスク評価  :この記事にて記載します。

 

運用リスクとは

運用リスクとは、『ドローダウン』です。

リスクを知らずに運用を開始すると、大きなドローダウンで撤退する事になります。

たとえ優秀なEAであっても、リスクを間違えると、利益を出す前に撤退する事になります。

運用を始める前に、EAのリスク(ドローダウン)を把握しましょう。

 

ドローダウンの予測方法

ドローダウンを予測する方法は、いくつか存在ます。<参考:カーブフィットを除去したリスク評価

大切な事は、カーブフィットを除去する事です。

 

カーブフィットとは、簡単に説明すると

バックテストの結果が良くなるように、良いパラメータを採用する事です。

それ自体は問題ないのですが、このバックデータを将来予測として使うと痛い目にあいます。

 

では、どのようにすれば、カーブフィットを除去できるのでしょうか?

このカーブフィットを除去する方法についても、アップデートしています

 

今回採用するリスク評価方法(ドローダウンの予測)

今回採用するリスク評価を、下表を使って説明します。

 

仮に、EAが2つ(A、B)のパラメータで作られているとします。

選定したパラメータは、A=20、B=50とすると、バックテストから予想されるドローダウンは15%です。

将来も、今回選定したパラメータが機能するとは限りません。

そこで、パラメータを振り(±20%)、その中からドローダウンを予想します。

今回、そのドローダウンの予想を厳しく見直しました。

従来のリスク評価 : パラメータを80~120%振り、その中央値で評価(例:上図では、中央の24%)

今回のリスク評価 : パラメータを66~150%振り、その最低値で評価(例:上図では、最低の33%)

 

通常、EAを作るときは、パラメータを最適化します。

それがカーブフィットであれば、

逆転の発想で、最悪のパラメータを選定する事でカーブフィットを除去します。

つまり、最悪のパラメータで運用したケースのドローダウンを、運用リスクとして評価します

 

Lightシリーズは、できるだけカーブフィットしないように設計しています。

ルール自体に優位性があるので、このようなリスク評価にも耐えることが出来ます。

 

改善したEAのリスク評価

全パラメータを66~150%振り、その中央値最低値で評価したリスク評価結果を以下に示します。

いずれもカーブフィットを除去する評価方法ですが、最低値評価の方がより悲観的に推測しています。

また、表中の確率は、EAのばらつきから予測したものです。

 

リスク評価の計算条件

(1)通貨ペア : 5通貨ペア(USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD)のポートフォリオ

(2)運用資金 : 100万円

(3)運用 方法: 複利 1%、2%(又は、0.5%、1%)

(4)組合せ : ” + ”はポートフォリオ

  例:Light-α+Light-βは、Light-αとLight-βを運用資金100万円を複利1%で運用)

    悲観的な評価をする為、両者の最低値ベースの組合せ計算結果

(5)運用期間: 10年

 

Light-α

中央値:複利 1%

利益  : 10年後の利益

利益率 : 年間の利益率

DD%   : 10年間の最大ドローダウン率

DD期間  : 10年間の最長ドローダウン期間

GR    : ゲインペインレシオ(= 平均年間純益 ÷ 平均年間最大ドローダウン)

RF   : リカバリーファクター(= 純益 ÷ 最大ドローダウン)

平均  : 平均値

50%  : 中央値

20%  : 下限20%の値

最低値:複利 1%

 

中央値:複利 2%

最低値:複利 2%

 

Light-β

中央値:複利 1%

最低値:複利 1%

中央値:複利 2%

最低値:複利 2%

 

Light-γ

中央値:複利 1%

最低値:複利 1%

中央値:複利 2%

最低値:複利 2%

 

Light-α + Light-β

中央値:複利 0.5%

最低値:複利 0.5%

中央値:複利 1%

最低値:複利 1%

 

Light-α + Light-γ

中央値:複利 0.5%

最低値:複利 0.5%

中央値:複利 1%

最低値:複利 1%

 

Light-β + Light-γ

中央値:複利 0.5%

最低値:複利 0.5%

中央値:複利 1%

最低値:複利 1%

 

Light-α + Light-β + Light-γ

中央値:複利 0.5%

最低値:複利 0.5%

中央値:複利 1%

最低値:複利 1%

まとめ

改善したLightシリーズの悲観的なリスク評価結果を紹介しました。

 

カーブフィットを除去したリスク評価を、初めて見たのではないでしょうか?

ポートフォリオを組む事で、リターン/リスクの比率が改善されることが分かると思います。

是非参考にしてみて下さい。