今回は『EAの性能を表す指標』についてご紹介します。

EA開発者の目線ですので、参考になるかと思います。

 

EAの性能を表す指標

それは、『リカバリーファクター』です。

EA開発者は、『リターンとリスクの比率』を最大化できるように努力しています。

『リターンとリスクの比率』を大きくできれば、後はロット調整でリスクを抑えて、大きなリターンを狙う事ができます。

そして、『リターンとリスクの比率』を表している指標が、『リカバリーファクター』になります。

 

リカバリーファクター

リカバリーファクターは、次式の通りです。

 リカバリーファクター = 純利益 ÷ 最大ドローダウン

(参考:売買システム入門 : 相場金融工学の考え方→作り方→評価法

 

開発時の目安は、『5年で7以上、10年で10以上』です。

 

--------参考-----------+

ゲインペインレシオも『リターンとリスクの比率』を表す指標です。

・ゲインペインレシオ = 平均年次利益  ÷  平均年次最大ドローダウン

 目安は、2以上です。

(参考:トレードシステムの法則 : 検証での喜びが実際の運用で悲劇にならないための方法

 

その他、似たような指標は多くありますが、重要なのは『リターンとリスクの比率』です。

多くの書籍で、『リターンとリスクの比率』は重要視されています。

 

EAの性能を表していない指標

(1)プロフィットファクター(PF)

PFは、次式で表すことができ、EAの性能を表しているようにも思えます。

 PF = 利益 ÷ 損失 

しかし、PFの大きな欠点は、途中経過を無視している事です。

どんなに深いドローダウンがあろうが、激しく変動する資産曲線になろうが、最終結果だけで決まる指標です。

つまり、リスクが反映されていないので、PFではEAの性能を測る事ができないと考えています。

低すぎるのは問題ですが、そこそこで十分と考えています。

 

(参考:トレーディングシステム入門 : 仕掛ける前が勝負の分かれ

『ロジック/ルールがシンプルで、長期にわたりPFが平均的であれば、PFが1.5以下でもシステムを利用して利益を上げられる。』

 

 

(2)勝率

システムがプラスの期待値を持っているのであれば、トレードの勝率は重要ではありません。

リスクリワードは小さいが(損大利小)、勝率で稼ぐ手法もあれば、

勝率は低いが、リスクリワードを大きくすること(損小利大)で稼ぐ手法もあります。

 

勝率に拘らない方が、よいシステムを作りやすいと言われています。

『トレードで勝つ回数を最大化したいという欲望は、トレーダには不利に働く』(参考:新マーケットの魔術師

 

しかし、勝率は運用する際のメンタルに影響と思うので、全く無視する事はできません。

ちなみに私は、トレードの勝率は気にしませんが、月間ベースの勝率は重視しています

 

--------参考-----------+

(参考:トレードシステムの法則 : 検証での喜びが実際の運用で悲劇にならないための方法

『あまり重要でない指標(シャープレシオ、勝率、プロフィットファクタ、アルサー指数とカルマーレシオ)』

 ⇒ シャープレシオは、『リターンとリスクの比率』を表しているので、私は重要と思っています。

まとめ

今回は『EAの性能を表す指標』について解説しました。

『リターンとリスクの比率』が重要であり、それを表現している指標として『リカバリーファクター』『ゲインペインレシオ』を紹介しました。

ちなみに、自作EA(Light-シリーズ)のリスク評価に、リカバリーファクターとゲインペインレシオを載せています。

是非、参考にしてみて下さい。