初心者FXトレーダを対象に、『トレード学習の仕方』について解説します。

 

トレード学習の仕方

別記事(初心者トレーダから抜け出すために、最初にすべきこと)でも解説しましたが、

まずは、多くの本を読み、多くの成功トレーダの考えに触れること』です。

 

本を読むにも時間が掛かりますので、『本の選び方』と『効率的な学習』が重要になります。

参考に、私の『本の選び方』と『学習方法』を紹介します。

 

本の選び方

50冊以上の関連書籍を読みましたが、外れの本も多くありました。

私の経験から、良書の選び方のポイントは以下の通り

① 手法に特化した本を避ける

② 米国トレーダ本の方がいい(ウィザード・ブックシリーズに当たりが多い)

③ 著者はトレーダがいい。アナリストやコンサル等、トレーダ外の人がまとめた本はいまいち

 

Amazonのレビューから本を選んでもいいですが、結構外れもあります。

あくまで私の感性ですので、人によっては当たりかも知れませんが・・・。

特に手法に特化した本は、できるだけ避けましょう。

トレードで大切なのは、トレードの考え方にあります。

手法について考えるのは、一番最後にした方がいいです。

 

本の種類(単行本 or Kindle)、入手方法(購入 or 図書館)

本の種類、入手方法は、それぞれ一長一短ですので、特徴をまとめてみました。

1. 図書館で借りる

(1)長所 : 無料

(2)短所 : ①予約/返却等に時間が掛かる。 ②返却期限がある。 ③汚せない

(3)まとめ: 高額な本もあるので、時間に余裕がある場合は図書館の活用を検討しては如何でしょうか。

 

2. 単行本の購入

(1)長所 : ①マーク/付箋などで、重要個所を整理しやすい。

         ②厚い本でも挫折しにくい(どこまで読んだか分かるので)

(2)短所 : 値段

(3)まとめ: スピード重視の人は、単行本の購入がよいと思います。

 

3. Kindle版の購入

(1)長所 : ①比較的安い。 ②購入後すぐに読める。  ③後から検索できる。④通勤時もスマホで読める

(2)短所 : 厚い本は挫折しやすい(どこまで読んだかを実感しにくいので)

(3)まとめ: 電子書籍に慣れている人は、値段も安くてお薦めです。

 

本による学習の目的

本の学習の目的は、成功者の共通の考え方を見つける事です。

多くの本を読んでいる内に、成功者の共通の考え方が見えてきます。

そして、『何をすれば、失敗するか』が見えてきます。

 

自分一人でトレード研究しても、絶対に辿り着けない所に、本を読む事で簡単に『そのヒント』を得る事ができます

 

具体的な方法

共通点探しは『メモを残す』と簡単です。

 

-------私の『メモの残し方』---------

1回目は、全体の流れを把握する為に読み、

2回目は、重要と思うところを『メモ』に残しています。

-------------------------------------

 

以下に『私のメモ書き』は、本の中の重要の箇所の抜粋の一部です。

まとめ

初心者トレーダを対象に、『トレード学習の仕方』について解説しました。

まずは、成功者の考え方の共通点を探す事が重要で、

その為には、多くの本を読む必要があり、

メモを残すことで共通点探しが簡単になる事を紹介しました。

 

 

続きの記事

 

FX学習の構成