今回は、『市場時間ブレイクアウト』の検証結果について紹介します。

 

市場時間ブレイクアウトとは

外国為替の三大市場は、『東京、ロンドン、ニューヨーク』と言われています。

この時間帯に市場参加者が多く、特に市場オープン時間の取引が活発になります。

ブレイクアウト手法は、市場の勢いが必要です。

市場に勢いがあるときは、前の市場時間の高値/安値を超えていきます。

このブレイクアウトを狙うのが、市場時間ブレイクアウトになります。

 

具体的なルールは以下の通りです。

 ①日本時間 : 米国時間の高値/安値をブレイクしたらエントリ、英国時間開始に決済

 ②英国時間 : 日本時間の高値/安値をブレイクしたらエントリ、米国時間開始に決済

 ③米国時間 : 英国時間の高値/安値をブレイクしたらエントリ、日本時間開始に決済

検証内容

検証内容は、以下の通りです。

 ・計算方法 : EA(モデル:全ティック)

 ・通貨ペア : 5通貨ペア(USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD)

 ・時間軸  : 5分足

 ・検証期間 : 14年間(2007~2020年) 

 ・スプレッド: 1.0pips

 

検証結果

市場時間別の検証結果(プロフィットファクター)を以下に示します。

 

 ✔ いずれの市場時間のブレイクにも、少なからず優位性が存在する。

 

分析(ブレイク時間と損益)

本手法は優位性の可能性は高いが、その優位性は大きくない。

手法の改善を検討すべく、ブレイク時間に着目して、以下分析した。

 

日本時間ブレイク

ブレイク時間と損益

✔ 市場開始の9時、16時に利益が出ていない。

  ⇒9時、16時は時間帯のつなぎ目であり、手法が機能しにくい可能性がある。

英国時間ブレイク

ブレイク時間と損益> 

✔ 市場開始の16時の損失が大きい。(本検証はサマータイムを考慮しており、冬は17時、夏は16時スタートとしている)

 ⇒つなぎ目である16時と21時の利益が小さい。特に16時は大きく負け越している。

 

米国時間ブレイク

ブレイク時間と損益

左下にブレイク時間と損益の関係、右下にエントリ時間とトレード回数を示す。

✔ 21時はエントリ回数のわりに、利益が少ない(利益率が低い)

 

本手法の改善案

本手法では、市場のつなぎ目で利益が小さくなる欠点があります。

以下に改善すべき点を整理します。

 

本手法の改善点

(1)つなぎ目のブレイクアウト誤認識

市場時間のつなぎ目である9、16、22時は、ブレイクアウトを誤認識する可能性がある。

明確な高値/安値がある場合は、市場参加者にも認識されやすく、ブレイクアウトが機能する。(下図:良い例)

一方、明確な高値/安値がないまま市場開始時間に突入すると、市場開始をブレイクと誤認する可能性がある。(下図:悪い例)

市場参加者に意識されない高値/安値であるため、ブレイクアウトの効果が得られない。

 

良い例:米国時間に押目をつけており、明確な高値/安値がある。

悪い例 : 米国時間に押目がなく、明確な高値/安値がない。

(2)市場終了付近のブレイクは保有時間が短い

市場が終わる時間付近にブレイクした場合、次の市場の開始時間に決済するシステムである為、極端に保有時間が短くなる。

保有時間が短い場合、スプレッド負けしてしまう可能性が高くなる。

 

本手法の対策案

本手法の対策案は、以下の通り

(1)ブレイクアウトの誤認識の対策

 対策 : 明確な高値/安値がある場合のみエントリする

 

(2)保有時間が短いことへの対策

 対策 : 保有時間を長くする

 

まとめ

この記事では、『市場時間のブレイクアウト)』の優位性について検証しました。

 

本手法は、『優位性がある可能性がある事が示されました。』

問題点は、市場時間のつなぎ目です。

ここが改善されれば、優位性が向上する可能性は高いです。

 

トレード手法の検証は、以下にまとめています。