手法の優位性を確信するためには、過去検証が必須です。

この記事では、FXの過去検証の進め方について解説します。

 

EA開発者の視点ですので、参考になるかと思います。

過去検証の進め方

FXの過去検証の方法は、大きく分けて2つあります。

 (1)手動検証

 (2)自動検証

 

検証を行う目的は異なりますが、いずれの検証も必要です。

2つとも、マスターするようにしましょう。

この記事では、手動検証について解説します。

 

準備

最低限の準備としてMT4をインストールする必要があります。

検証する場合は、どこの証券会社でも構いません。

また、MT4以外に特別なソフトを購入する必要はありません。

 

手動検証

手動検証とは、チャートを見ながら、検証を進める方法の事です。

手動検証の第一の目的は、機械的に判断可能な手法である事のチェックです。

機械的に判断できない手法は、主観が必要となり、検証する度に結果が異なってしまいます。

主観を抜いて、機械的に判断可能な手法に落とし込む事が必要です。

 

<例1:ゴールデンクロス/デッドクロス

(1)ルール

 エントリ:ゴールデンクロス確定後の始値

 決済  :デッドクロス確定後の始値

(2)ルールの具体化

 ① ゴールデンクロス(短期MAが長期MAを上抜け)

 ② ゴールデンクロス確定後の始値でエントリ

 ③ デッドクロス(短期MAが長期MAを下抜け)

 ④デッドクロス確定後の始値で決済

この例は、MAの値さえ決めれば、機械的な判断でエントリ~決済まで行う事ができます

後は、検証期間を延ばせば、長期間の手法の優位性を確認する事ができます。

 

<例2:ゴールデンクロス後の押し目

(1)ルール 

 エントリ:ゴールデンクロス後の押し目

 決済  :ロウソク足が短期MAをクロスした後の始値

⇒『押し目』をしっかり定義しないと検証ができません。

 また、押し目後のエントリ条件も定後する必要があります。 

検証可能なルールにする為に、押し目とエントリ条件を定義します。

押し目 :3本以上陰線が連続した場合

エントリ:押し目後に3本以上陽線が連続した後の始値

 

(1)ルール 

 エントリ:ゴールデンクロス後の押し目後に3本以上陽線が連続した後の始値

 決済  :ロウソク足が短期MAをクロスした後の始値

(2)ルールの具体化

 ① ゴールデンクロス(短期MAが長期MAを上抜け)後

 ② 押し目(3本以上陰線が連続)後

 ③ 3本以上陽線が連続した後の始値でエントリ

 ④ロウソク足が短期MAをクロスした後の始値で決済

これで、ようやく機械的なルールの完成です。

後は、検証期間を延ばせば、長期間の手法の優位性を確認する事ができます。

 

手動検証のポイント

手動検証のポイントは、以下の通り

複雑なルールにしない

パラメータに拘りすぎない

 

複雑なルールにしない

複雑なルールより、シンプルなルールの方が優れていると言われています。

初心者ほど、聖杯(完璧なトレード)を求めて、ルールを複雑にしてしまいます。

 

『成功者は極めてシンプルな方法で『買う』『売る』『待つ』を判断している。』

(参考:デイトレード

『トレードシステムを完璧にしようとしても、パフォーマンスは上がらない。シンプルな手法が一番パフォーマンスがいい』

(参考:ラリー・ウイリアムズの短期売買法

 

パラメータに拘りすぎない

優位性のあるルールであれば、パラメータを少し変えたとしても、優位性は変化しません。

成功トレーダは、わざとパラメータを変化させて、優位性に大きな変化がないことを確認しています。

つまり、パラメータを調整して、良さそうなルールを作っても、それは良いルールとは言えないという事です。

つまり、まずはパラメータにこだわらず、優位性があるかどうか(勝てるルールかどうか)をチェックしましょう。

 

『変数を±50%を変更して過大な変化がないことを確認する。』

(参考:トレーディングシステム入門 : 仕掛ける前が勝負の分かれ

『パラメータの振った範囲で70%で利益が出ていれば合格』

(参考:世界一簡単なアルゴリズムトレードの構築方法

 

まとめ

FXの過去検証の方法は、(1)手動検証、(2)自動検証の2つあり、

この記事では手動検証の進め方について解説しました。

手動検証の第一の目的は、機械的に判断可能な手法である事のチェックです。

そして、検証時のポイントは、以下の通りです。

 ① 複雑なルールにしない

 ② パラメータに拘りすぎない

 

 

次の記事

 

目次