手法の優位性を確信するためには、過去検証が必須です。

この記事では、FXの過去検証の進め方(②自動検証)について解説します。

 

EA開発者の視点ですので、参考になるかと思います。

過去検証の進め方

FXの過去検証の方法は、大きく分けて2つあります。

 (1)手動検証

 (2)自動検証

 

検証を行う目的は異なりますが、いずれの検証も必要です。

2つとも、マスターするようにしましょう。

この記事では、自動検証について解説します。

 

初めは「難しそう」と思っているかも知れませんが、想像しているより簡単です。

私は仕事でプログラム経験はないですが、そんな私でも2週間で検証可能な段階になりました

簡単なルールであれば、サンプルプログラムがあるので、初日から検証できます

自動検証を身に付けると、セミナーや本に記載されている手法が本当に優位性があるのか、確かめる事ができます。

自動検証を身に付けるべきか、この記事を最後まで読んで判断頂ければと思います。

 

自動検証とは

自動検証とは、PC上でプログラムを組み、機械的なルールを自動的に検証する方法です。

手動検証と比較すると、圧倒的に速く、長期間の検証が行えます。

 

自動検証の必要性

自動検証の特徴は、圧倒的な検証速度と正確性です。

 

手動検証(チャート検証)では、どんなに簡単なルールでも1トレード1分以上はかかると思います。

(1000回の検証を行う場合、16.6時間かかります。)

ややこしいルールの場合は、さらに時間がかかります。

また、集中力を欠いて、間違える可能性もあります。

そして、パラメータを換えた検証を行う場合、さらに倍の時間がかかります。

 

一方、自動検証では、仮にプログラム作成に10時間かかっても、10年分の検証も一瞬です

検証時間のかかるプログラムもありますが、検証中はPCが働くだけです。

自分は、他の作業ができます。

また、慣れれば、プログラム作成時間も短縮できます

 

検証期間、検証回数が増えるほど、手法の信頼性は高くなります。

『神のように信用できる手法』を手に入れる事が、トレーダで成功するための必要条件です。(記事:手法・資金管理・メンタルの関係

自動検証は、その為に必要なツールです。

 

自動検証の種類

自動検証の方法は、いくつかあります。

EA(Expert Advisor(エキスパートアドバイザー))の利用

Excelの利用

プログラム言語の利用

 

どれでも検証は可能ですが、EAの利用をお薦めします。

理由は、EAで作成したプログラムは、そのまま自動売買ソフトとして利用する事ができるからです。

多くの人は、仕事の後にPCに向かい、トレードをしていると思います。

EAをマスターすれば、仕事中もPCにトレードを任せる事が可能になります

以下は、EAの利用を前提に解説します。

 

準備(EAの利用)

最低限の準備としてMT4をインストールする必要があります。

検証する場合は、どこの証券会社でも構いません。

 

また、MT4以外に特別なソフトを購入する必要はありません。

 

学習の仕方

私は、2冊の本でマスターしました。

新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門

新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング

(上のリンク先はAmazonです。Kindle版 )

 

この2冊で十分です。(しかも、安いです。)

 

お勧めの学習方法

新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門

 この本でEAをマスターしようと思わない事です。

 EAプログラミングの基本的な流れが理解できます。

 サンプルプログラムがDLできますので、本を見ながら、同じように実行するくらいでいいと思います。

 早々に切り上げて、②の本に移行しましょう。

 

新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング

 Amazonでは低評価ですが、私は価値が高いと思います。

 ①の本で、挫折しては勿体ないです。

 ②の本では、ライブラリファイルがDLできます。

 このライブラリファイルは、EAプログラミング作成を簡単にするツールと思ってください。

 簡単にプログラム作成できるような関数が多く定義されています。

 この②の本から、本格的に勉強するとよいと思います。

 

その他の学習の仕方

上記の方法で挫折した方、又はもっと楽をしたい方は、以下の方法もあります。

EAプログラミングセミナー

EAプログラミングが学べるオンラインセミナーがあるようです。

上記方法で挫折した人の一つの選択肢かと思います。

EAプログラミングセミナー【スタンダード講座】EAプログラマーへの最短ルート

 

EAプログラム作成ツール

『EAつくーる』というEA学習/作成ツールがあります。

少しハードルを下げて始めたい人は、このようなツールを利用するのも良いかも知れません。

但し、ある程度プログラムの構成が理解できた後は、自分でプログラムが書けるようになることをお薦めします。

ツールでは表現できないルールもあると思うので。

 

プログラム作成代行

プログラム作成の代行を依頼する方法です。

相場は、1~10万円のようです。

自分の成長に繋がりにくいので、あまりお勧めできません。

 

まとめ

この記事では、FXの過去検証の進め方(②自動検証)について解説しました。

自動検証を習得できれば、10年分の検証も一瞬です。

自動検証の方法は、いくつかありますが、EA(Expert Advisor(エキスパートアドバイザー))がお勧めです。

 

学習は、以下の2冊で十分です。

新MT4対応 FXメタトレーダープログラミング入門

新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング

 

EAをマスターすれば、仕事中もPCにトレードを任せる事が可能になります

脱・初心者トレーダは、もう間近です。

 

 

次の記事

 

目次