今回は、ポートフォリオの効果について、ご紹介します。

ポートフォリオの目的は、リスクを小さくする事、つまり、ドローダウンを小さくする事です。

FXで退場のする原因は、大きなドローダウンです。

最適なポートフォリオを組むことにより、ドローダウンを小さくし、撤退リスクを下げる事ができます。

 

簡単かつ有効なポートフォリオの組み方は、以下の通りです。

 ・相関係数の低い組み合わせを探す。

 ・異なる通貨ペアと時間足は、相関係数が低い

⇒ 複数通貨ペア、複数時間足に分散する。(複数通貨ペア、複数時間足でポートフォリオを組むことが効果的)

詳細は以下の記事で解説しています。

 

この記事では、具体的なポートフォリオの効果について、Lightシリーズ(自作EA)を例に紹介します

・ポートフォリオの効果を、目視で確認することができます

・ポートフォリオの効果を、数値で確認することができます。(ここが面白いので、最後までご覧ください)

 

ポートフォリオ前後の比較(検証内容について)

MT4では、通貨ペア単位でしか、バックテストする事ができません。

すると、『Quant Analyzer』と言うソフト(無料)を使いました。

このソフトを使えば、各通貨ペアのバックテスト結果を1つにまとめ、ポートフォリオ化した結果を確認する事ができます。

また、複数EAの結果を合成し、バックテストと同等の評価をすることができます。

 

今回の具体的なポートフォリオ前後の比較対象は、以下の通り

 1. 通貨ペアの合成

  (1)Light-α : USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD ⇒ 5通貨ペアの合成

  (2)Light-β : USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD ⇒ 5通貨ペアの合成

  (3)Light-γ : USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD ⇒ 5通貨ペアの合成

  (Lightシリーズは、5通貨ペアに分散する事を推奨しています。)

 

 2. システムの合成(時間足の合成)

  (1)Lightシリーズ: Light-α(15分足)、Light-β(5分足)           ⇒ 2システムの合成

  (2)Lightシリーズ: Light-α(15分足)、Light-β(5分足)、Light-γ(1時間足) ⇒ 3システムの合成

  (Lightシリーズは、3システムでポートフォリオを組むことを推奨しています。)

 

通貨ペアの合成

各Light-α、Light-β、Light-γの5通貨ペアの合成前後の資産曲線を紹介します。

 

検証条件

  • 検証期間 : 2007年2月1日~2020年4月1日
  • スプレッド: 1.0 pips
  • 通貨ペア : 5通貨ペア(USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD)
  • 時間足  : Light-α(15分足)、Light-β(5分足)、Light-γ(1時間足)
  • 運用   : 単利
  • 初期資金 : 10,000ドル(100万円)
  • 損切設定 : 100ドル
  • バックテスト結果

  Light-α : バックテスト結果

  Light-β : バックテスト結果

  Light-γ : バックテスト結果

※ Light-γは今回と同一条件のバックテスト結果がありません。

 損切設定を400ドルとしており、バックテストを1/4すれば同等の結果となります。

 

Light - α (5通貨ペアの合成)

(1)単一通貨ペアの資産曲線

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

EURUSD

GBPUSD

 

(2)単一通貨ペアの資産曲線(1つのグラフ上に)

『Quant Analyzer』を使い、5つの通貨ペアを1つのグラフに表示しました。

注意)縦軸は利益です。バックテストは残高(初期資金+利益)ですので、初期資金(10,000ドル)を足すと、バックテストと同じになります。

 

(3)5通貨ペアの合成

Quant Analyzer』を使い、5つの通貨ペアを合成しました。

5通貨ペアを合成する事で、綺麗な資産曲線になりました

 

(4)5通貨ペアの合成後の結果

Quant Analyzer』で合成結果を数値として確認する事ができます。

数値の詳細評価は、記事の後半で紹介します

Light - β (5通貨ペアの合成)

(1)単一通貨ペアの資産曲線

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

EURUSD

GBPUSD

 

(2)単一通貨ペアの資産曲線(1つのグラフ上に)

『Quant Analyzer』を使い、5つの通貨ペアを1つのグラフに表示しました。

注意)縦軸は利益です。バックテストは残高(初期資金+利益)ですので、初期資金(10,000ドル)を足すと、バックテストと同じになります。

(3)5通貨ペアの合成

Quant Analyzer』を使い、5つの通貨ペアを合成しました。

5通貨ペアを合成する事で、綺麗な資産曲線になりました

 

(4)5通貨ペアの合成後の結果

Quant Analyzer』で合成結果を数値として確認する事ができます。

数値の詳細評価は、記事の後半で紹介します

 

Light - γ (5通貨ペアの合成)

(1)単一通貨ペアの資産曲線

USDJPY

EURJPY

GBPJPY

EURUSD

GBPUSD

 

(2)単一通貨ペアの資産曲線(1つのグラフ上に)

『Quant Analyzer』を使い、5つの通貨ペアを1つのグラフに表示しました。

注意)縦軸は利益です。バックテストは残高(初期資金+利益)ですので、初期資金(10,000ドル)を足すと、バックテストと同じになります。

 

(3)5通貨ペアの合成

Quant Analyzer』を使い、5つの通貨ペアを合成しました。

5通貨ペアを合成する事で、綺麗な資産曲線になりました

 

(4)5通貨ペアの合成後の結果

Quant Analyzer』で合成結果を数値として確認する事ができます。

数値の詳細評価は、記事の後半で紹介します

システムの合成

Light-α(15分足)、Light-β(5分足)、Light-γ(1時間足)の合成前後の資産曲線を紹介します。

検証条件は、上記の通貨ペアの合成と同じ

 

Light - α(15分足)とLight-β(5分足)の合成

(1)Light-αとLight-βの合成

Quant Analyzer』を使い、2つのシステムを合成しました。(=2システム×5通貨ペア)

2通貨ペアを合成する事で、綺麗な資産曲線になりました。(既に目視では比較困難なレベルですが

 

(2)5通貨ペアの合成後の結果

数値の詳細評価は、記事の後半で紹介します

Light - α(15分足)とLight-β(5分足)とLight-γ(1時間足)の合成

(1)Light-αとLight-βとLight-γの合成

Quant Analyzer』を使い、3つのシステムを合成しました。(=3システム×5通貨ペア)

2通貨ペアを合成する事で、綺麗な資産曲線になりました。(既に目視では比較困難なレベルですが

(2)5通貨ペアの合成後の結果

数値の詳細評価は、記事の後半で紹介します

ポートフォリオ効果の数値評価

通貨ペアの合成、システムの合成によるポートフォリオ効果を数値で評価しました。

 

通貨ペアのポートフォリオ効果

バックテスト結果を表に整理し、ポートフォリオによる効果を評価します。

ここの表で注目してほしいのは、最大ドローダウン(%)とリカバリーファクターになります。

最大ドローダウン(%) = 最大ドローダウン(ドル) ÷ 初期証拠金(ドル)

カバリーファクター = 純益(ドル) ÷ 最大ドローダウン(ドル)

最大ドローダウン(%)は、EA運用時のリスクを表します。

リカバリーファクターは、EAの性能を表します。

Quant Analyzer』では、RITURN/DD RATIOとして記載されており、リスクに対するリターンを表す指標です。

 

以下に通貨ペアのポートフォリオ化の効果を表にまとめました。

通貨ペアのポートフォリオ化(合成)で最大ドローダウン(%)が大きく低下しています。

通貨ペアのポートフォリオ化(合成)でリカバリーファクターが大きく改善しています。

(リカバリーファクターの理想は10以上であり、いずれのシステムもクリアしています)

いつまでも、ポートフォリオに拘っていると、良いシステムは作れません。

※ 最大ドローダウンの値は、Quant Analyzerの値を転記

+----参考-------------------------+

リカバリーファクターは、EAの性能を測る重要な指標です。

プロフィットファクターに騙されず、しっかり評価できるようになりましょう。

以下の記事が参考になります。

+-----------------------------------+

システム(時間足)のポートフォリオ効果

以下にシステム(時間足)のポートフォリオ化の効果を表にまとめました。

Light-α、βのポートフォリオ化(合成)で最大ドローダウン(%)が半減し、リカバリーファクターが倍増した。

Light-α、β、γのポートフォリオ化(合成)で最大ドローダウン(%)が減少し、リカバリーファクターが増加した。

Light-α、βのポートフォリオ化の効果に対し、Light-γを加えた効果が小さいようにも思えます。

しかし、Light-γを加える事で、将来の不規則な変化に強くなります。

 

(参考)将来の不規則な変化を加味した評価

将来の不規則な変化を考慮した、厳しい評価を参考までに記載します。

詳細は、以下の記事を参考にして下さい。

 

検証条件

厳しいリスク評価:

  ±20%の範囲でパラメータをランダムに変化させた50ケースから推測

  50ケースのトレードを時系列にランダムに組み替えた10000ケースから確率を算出

初期証拠金   :100万円(複数システムを同一口座で運用)

運用方法    :複利(1%)

運用期間    :10年間

その他の条件は、これまでの条件と同じ

 

検証結果

将来の不規則な変化を考慮した、厳しいリスク評価の結果を以下に示します。

Light-α、βにγを加える事により、リカバリーファクターは大きく改善します

これは、ポートフォリオに厚みが増したことで、多少の変化にも強くなったと考えられます。

 

Light-α(複利:1%)

Light-β(複利:1%)

Light-γ(複利:1%)

Light-α+Light-β

Light-α+Light-β+Light-γ

  平均   : 推定リスクの平均値

  確率(%):推定リスクの確率。50%は中央値、20%は下限20%を意味する。

  DD  : 最大ドローダウン(残高が対象期間中に最大DD万円減少する事を経験する)

  DD%   : 最大ドローダウン率(残高が対象期間中に最大DD%減少する事を経験する)

  DD期間: 最長ドローダウン期間(最長DD期間は元の残高に戻らない事を経験する)

  GR  : ゲインペインレシオ(=年間リターン÷年間リスク、2.0以上が理想)

  RF  : リカバリーファクタ(=通算リターン÷最大リスク、10年でPF>10が理想)

 

まとめ

今回は、ポートフォリオの効果について、ご紹介しました。

ポートフォリオを複雑に組み合わせる事で、リスクが低下します

ポートフォリオを複雑に組み合わせる事で、EAの性能(リカバリーファクター)が向上します

ポートフォリオを複雑に組み合わせる事で、将来の不規則な変化に強くなります

 

非常に重要な内容ですので、少し長くなりました。

是非参考にして下さい。

 

通貨ペア、時間足に分散する理由に関する記事

 

リカバリーファクターに関する記事

 

厳しいリスク評価に関する記事