EA開発の裏側

EA開発の裏側をご紹介します。

トレード研究が趣味で、これまで50冊以上のFX関連書籍を読み漁りました。

そして、これまでのトレード研究と20年の投資経験を詰め込んだのが、自作EAのLightシリーズ(α、β、γ)です。

そのLightシリーズに採用している技術の根拠などを、簡潔に解説しております。

 

EAに関する知識を増やす事で、EAの目利きの精度を高める事が出来ます

是非、参考にしてみて下さい。

 

Lightシリーズの技術一覧

Lightシリーズに採用している技術をご紹介します。

(1)ポートフォリオの効果(通貨ペア、時間軸の合成)

Lightシリーズでは5通貨ペア、3つの時間足に分散しています。

それらでポートフォリオを組むことで、リスク(ドローダウン)を大幅に低減する事ができます。

この記事ではその効果を目視、数値で分かりやすく解説しています。

 

 

(2)複数通貨ペアや複数時間軸に分散する理由

Lightシリーズでは複数通貨ペア、時間軸に分散しています。その根拠が分かります。

また、複数通貨ペア、時間軸に分散しないと勿体ないとすら思えます。

 

 

(3)複利運用(マーチンゲール、逆マーチンゲールで差が生まれる)

Lightシリーズは、複利運用を採用しています。

運用方法は主に3つあり、何を選択するかで、10年後の結果は全く異なります。

長期運用する場合は複利運用(逆マーチンゲール)が最強であり、その理由がわかる内容になっています。

 

 

(4)リスク評価(カーブフィットを除去したリスク評価)

Lightシリーズは、バックテストより厳しいリスク評価をしています。

バックテストはカーブフィットの影響が含まれるため、現実と大きく乖離した結果になります。

カーブフィットを除去したリスク評価をすることで、将来の予測精度を高める事ができます。

 

 

(5)バックテスト VS 厳しいリスク評価

Lightシリーズは、バックテストより厳しいリスク評価をしています。

その厳しいリスク評価は、本当にバックテストに比べて厳しい評価になっているでしょうか?

この記事では、バックテストと厳しいリスク評価を比較しています。

 

 

(6)カーブフィット対策

EA最大のテーマが、カーブフィットになる。

カーブフィットされたEAは、いくらバックテストが優れていても、実運用では使い物になりません。

Lightシリーズでは、過去のスーパートレーダ達が共通して行っている『カーブフィット対策』を全て織り込みました。

この記事では、そのカーブフィット対策についてまとめています。

 

 

(7)EAの運用の仕方(破産せずに利益を伸ばす運用)

EAの運用も技術です。

たとえ、優れたEAを持っていても運用方法を間違えると、破産してしまいます。

理想的な運用の仕方について解説しています。

 

 

(8)EAの性能を表す指標

スーパートレーダ達が、重視している指標があります。

EA開発者が、目指すべき指標です。

プロフィットファクターと思っている人は、まだまだ素人です。