トレード手法の検証

私が優位性があると確信をもてるトレード手法は、1つです。(自作EA_Lightシリーズ:EA(自動売買ソフト)

他の手法を探すべく、シンプルな手法を分析するところから始めています。

検証を繰り返すと、共通する傾向などが見えてきました。

以下に検証結果とともに、その検証で得られた知見をまとめています。

 

トレード手法の優位性検証

数多くのトレード手法の優位性有無について評価しています。

14~16年間のヒストリカルデータと5通貨ペア(USDJPY、EURJPY、GBPJPY、EURUSD、GBPUSD)で検証しています。

評価結果を、(  )内に、結果と知見を記載しています。

 

優位性検証の結果

粗い評価方法で、優位性の有無を確認しています。

本やブログで紹介されている手法を鵜呑みにせず、検証して確かめましょう。

 

(1)ゴールデンクロス

  ①移動平均線のクロス(優位性なし)

(2)RSI

  ①RSI(中央値決済)優位性あり

(3)ボラティリティブレイクアウト

  ①ローソク足のブレイクアウト

  ②ボリンジャーバンドのブレイクアウト可能性あり:スプレッド

(4)プライスアクション

  ①大陽線・大陰線可能性あり:ドレード回数

  ②スラストアップ・スラストダウン可能性あり:スプレッド

  ③ランウェイアップ・ランウェイダウン(優位性なし)

  ④ピンバー(スパイクロー・スパイクハイ)(優位性なし)

  ⑤アウトサイド可能性あり:スプレッド

  ⑥インサイド優位性あり

(5)ドンチアンチャネルブレイクアウト

  ①ドテン売買可能性あり

  ②マルチチャネルの利用(マルチチャンネルを利用する効果はない)

(6)市場時間ブレイクアウト

  ①各市場時間のブレイク可能性あり:つなぎ目

(7)窓開けトレード

  ①窓開け(窓閉め、時間決済)優位性なし)

  ②窓開け・窓埋め(問題点と対策)可能性あり:ドレード回数

 

<現時点の評価> 進捗により変更の可能性あり 

※ 優位性なし : 優位性の可能性が低い

  可能性あり : 優位性の可能性がある(カッコ内は問題点)

  優位性あり : 優位性の可能性が高い

慎重に評価していますが、計算ミス等の可能性もありますので、最終判断はご自身でお願い致します。