FXでは、『手法・資金管理・メンタル』が大切と言われています。

この記事では、それぞれの関係性について解説します。

 

手法・資金管理・メンタルの関係

『手法・資金管理・メンタル』の全てが揃わないと、安定利益を得る事はできません。

具体的には、

優位性がある手法』『正しい資金管理』『ルール厳守』を継続すれば、トレードで勝つことができます。

 

ここでのポイントは、『ルールを守る』です

『優位性がある手法』『正しい資金管理』を知っていても、『ルールを守る』事が出来はい人は、最終的に勝つことができません

そして、多くの人は、ルールを破り、退場する事になります

『ルールを守る』ことの重要性は、多くの本に共通している考え方です。(例:新マーケットの魔術師

 

ルールを破ってしまう理由

『ルールを破ってしまう理由』は、『メンタルが弱い』からではないと思います。

 

『ルールを破ってしまう理由』は、以下と考えます。

  1.  負けが続いたときに、『手法』を、疑ってしまう
  2.  想定以上のリスクが発生し、それに耐えられなくなる
『一般に販売されている手法が仮に半分が上手く利益が出るものだったとしても、9割以上の人がそのシステムで損をすると思う。どのシステムも機能しなくなる時期は必ず来る。機能しなくなる時期に初めて遭遇すると、そのシステムに自信がなくなり、その取引をやめてしまう。』
『一度投資で大きなダメージを受けると、再度投資に調整しようという意欲がそがれ、投資から身を引いてしまう。』

 

ルールを守るために

ルールを守るためには、『手法・資金管理・メンタル』の関係をもう少し深堀する必要がありそうです。

私のイメージは以下の通りです。

 

 

『ルールを守る』ためには、『神のように信じられる手法』『リスクを把握した資金管理』まで落とし込む必要があります

決して、『メンタル強化の精神論』ではありません。

 

そして、『神のように信じられる手法』『リスクを把握した資金管理』を手に入れるには、『過去検証』しかありません

『過去検証』が必要なのは、トレードする全ての人です。

 ・手法を自分で開発する人

 ・他人の手法を運用する人

 ・EA(自動売買ソフト)を運用する人

 

『過去検証』が甘いと、少しの損失でも、信用できなくなると思います。

仮に『優位性がある手法』を運用していたとしたら、勿体ない話です。

 

まとめ

『手法・資金管理・メンタル』の関係性と題して、『ルールを守る』ことの大切さを解説しました。

そして『ルールを守る』には、『神のように信じられる手法』『リスクを把握した資金管理』が必要であり、

その為には、「過去検証」しかない と思います。

 

 

続きの記事

 

FX学習の構成